【稽留流産の診断】流産手術の前日に自然流産

f:id:okotanushi:20190509174845j:plain

前回は、妊娠10週目で稽留流産と診断されて、流産手術の流れを書きました

 

前回と同様に、現在妊娠が順調な方や、出血や痛い話が苦手な方、このような話自体が苦手な方は読まずにスルーしてください

 

前回までのお話はこちらです

 

www.kotatsu-mushi.com

 

 

www.kotatsu-mushi.com

 

 

www.kotatsu-mushi.com

 

実家にて自然流産 4月20日午後

午前中の診察後に一度帰宅

実家で昼食を娘と食べ、娘はじぃじの車(チャイルドシートは常に装備)で1時間ほど一緒に米の配達に同行することに

 

娘が配達ドライブで不在のその間、私は腹痛を逃すために、こたつで横になったり、土下座のような恰好で頭を床につけて痛みを我慢していました

 

昼食後2時間くらいたった頃に、まさに陣痛のような痛みを感じ、これは来たかも・・・と思い、何とかトイレへ

 

この時はまだ冷静で、入院用に持参していた夜用ナプキンと、娘のおしりふきも持ってトイレへ入りました

 

もうお腹が痛すぎて、もう全てをお腹から押し出してしまいたい感覚は、まさに軽い出産のような感じです

 

1回軽くいきんでお腹に力を入れたらドバッと、出血

生理の多い日の出血・量ともに全然違う感覚です

 

私のイメージですが、身体から直径5cmくらいの水風船が出たと思ったら、思い切りバシャッと割れて出ていく感じというか・・・

 

1回目のいきみで、すでにトイレは血の海(;´Д`)

 

まだ腹痛はあり2回目のいきみで、なにか出たーーーー!!!と思いました

血がドバッと出た時と全く違う、確実に固形物をプルンッと産み落とした感覚がありました

 

絶対胎嚢かも!!!と思いすぐにトイレからすくい出したかったのですが、まだ大量の出血がドバッドバッっと続いていたので、トイレから腰を浮かすことが出来ませんでした(いきんでないのに水風船が何度も割れるように出血)

 

出血が少し落ち着いたタイミングで、ショーツに夜用ナプキンをセットし、やっとトイレの中を確認

 

真っ赤に染まったトイレの中に、肘くらいまで腕をいれて、胎嚢らしき一番大きな塊をなんとかすくいだすことが出来ました

 

私の手の平に収まった、胎嚢らしき赤黒いプルンプルンの塊・・・

上の方に細さ2~3mmほどの糸を撚ったようなへその緒?が3cmくらいついていました

 

見た目は、やはり臓器なのでグロテスクですが、自分の手で確認出来て良かったです

 

トイレの扉を少し開けて母を呼び、ビニール袋を持ってきてもらい、それに塊を入れ、その上から無透明なビニール袋を重ねて包みました

 

娘のおしりふきは、血のついた腕や、患部を拭くのに大活躍でした

トイレットペーパーで拭くとくっついてしまいますし、実家にいた母達に色々と見られずに済んで良かったです

 

トイレで自然流産だったので、塊をすくうのは大変でしたが、トイレの中は流してしまえば跡形もないですし、床にも血が1~2滴落ちただけでそこまで汚れず、大量のおしりふきは生理用ナプキンに包んで、それをトイレットペーパーでぐるぐるに巻きビニール袋に入れて破棄

 

私が出た後にすぐに祖母がトイレに入っていきましたが、何にも気づいてない様子でした・・・

 

ただトイレでは塊をすくえない可能性もあるので、もし次に同じことになったらお風呂場を選ぶかな・・・家族には迷惑かけるかもしれないですが・・・

もう次は無い方がいいのですが、こればかりはわからないので( ;∀;)

 

 

病院に電話をすると、やはり塊を持ってすぐに受診するように言われたので、配達から帰ってきた父にまた送ってもらい、今回は病院内も付き添いをお願いしました

(看護師さんから、誰か付き添い出来る人がいたらお願いした方が良いと言われたので)

 

自然流産後、病院診察を受ける

車で病院に向かう途中も水風船が割れるような出血が続いていました

夜用ナプキンを入院用に4個しか持参していなかったので、あと2個しかなく足りなくなりそうでヒヤヒヤ

 

病院の売店で買えばいいやと思っていたら、土曜日の午後は売店が閉まっていました

 

土曜日だったのでなかなか診察に呼ばれず、夜用ナプキンがあっという間に全面積真っ赤になるくらい出血が止まらず・・・

 

トイレに入ってはドバッと出し、落ち着いたら待合に戻り、しばらくするとまた出血がくる感覚になるとトイレにいき、ドバッと出す・・・を5回くらい繰り返しました

 

数時間で出血しすぎたようで、トイレから待合の椅子に戻るときに、目の前が真っ白になり、耳が聞こえずらくなり、まっすぐ歩けず・・・

 

なんとか父に看護婦さんを呼んでほしいと頼みました

(座っていたところが奥で、受付のスタッフからも見えないところだった)

 

看護婦さんに肩を組んでもらい、なんとか自力で歩いて診察室のベットで休むことに

このときは仰向けで枕を使わず頭を下げて、膝をまげてタオルを足の下に置き高くして横になりました

 

意識はまだありましたが、顔面蒼白、唇の紫とのこと

 

血圧計を二の腕に巻かれ、酸素濃度を測るサチュレーションモニターを指先にはさみ様子を見てもらいました

 

血圧が下がりすぎて初めは数値が出ずに測ることが出来ませんでしたが、落ち着いてきたら測れるくらいの数値になり、サチュレーションも99%でした

 

今回は女性の先生に診てもらいました

出血が多いのでこのまま入院してもいいし、顔色も戻ってきたので自宅安静でもよいといわれたので自宅(実家)安静を選びました

 

内診はめちゃくちゃ痛かったです

こんなに内診で痛かったのは初めてくらい・・・涙でました

 

持って行った塊の正体を聞きたかったのですが、先生がその場で見ることはなくて、病理結果を出るまではわからないということでした

 

そして子宮収縮剤と感染症防止の薬を5日分もらい診察も5日後となりました

f:id:okotanushi:20190509174907j:plain 

実家に帰宅する前に、一度自宅に寄って、私と娘のお泊りセットと、幼稚園から持ち帰っていた運動靴、上履き、その他の体操服やらタオルやらを実家で母に洗ってもらうために取りに行こうとしたのですが、車から降りた瞬間、また目の前が真っ白に・・・

 

父が変わりに自宅に行っても、持ってくるものがわからないので、自宅に寄らずに実家へ向かいました

 

途中のドラッグストアで父に夜用ナプキンを買ってきてもらう35歳・・・

 

この時はもう、座っていても目の前が真っ白になったので、病院で休んだ時と同じように後部座席に仰向けになり膝を曲げて実家へ帰りました

 

その日の夕方、帰宅した夫に1日の経緯をラインで伝えて、私と娘のお泊りセット、幼稚園の洗濯しないといけない洗濯物などを1つにまとめてもらい、それを父が取りにいってくれました

 

こうして長かった1日を、なんとか乗り切ったのでした

 

自然流産後の体調の変化

前日に稽留流産と診断され、その日の夕方まで全く出血も腹痛も無かったのに、まさか翌日の昼頃に自然流産するとは・・・

 

悲しむ暇なくこの2日間で、怒涛に色々進んでしまいました

 

大変お世話になった実家の父と母にお礼を言い、日曜日に自宅に戻りました

いつも通りの生活に戻ったなと、ふと感じた瞬間に、涙があふれてきました

 

実家では泣かず(病院では少し泣いたので父に見られてしまいましたが)特に意識はしていませんでしたが、いつも通りのテンションで無理に過ごそうとしていたのかもしれません

 

やっぱり悲しかったんだな・・・昨日まではエコーに写っていたのに、自然流産後のエコーには何も写ってなかったな・・・本当に流れちゃったんだな・・・と、とても寂しくなってしまいました

 

今思うと、稽留流産と診断後につわり症状が無くなった気がします

成長も心拍もとまっていた我が子でしたが、お腹の中でこの診断を聞いて、このままだとママの身体に負担になってしまうと理解して、自分から動いてくれたんじゃないかなと思ってしまいました

 

幸い、ほとんど子宮のものが自然と出たので再手術は無しで、薬を飲みながらのフォローで大丈夫でした

 

出血量の変化ですが、自然流産した日の夜には落ち着いて、昼用ナプキンでも過ごせるくらいに減りました

 

その後2週間くらいは少量の出血がありましたが、3週間を過ぎると、おりものシートを念の為つける感じで、ほとんど出血がなくなり現在に至ります

 

腹痛は、陣痛のようなMAXな痛みは当日だけで、自然流産後は軽くなりました

自分で子宮をもとに戻そうとする力と子宮収縮剤の薬の効果か、腹痛は数日続きました

トイレでお腹に力を入れたりするとチクっ!と痛む感じです

 

現在は薬も飲み切って出血もなく、2か月の食べつわりでただ太った私だけが残りました・・・(;´Д`)

 

今回の経験を通して思うこと

妊娠が発覚してからたった2か月くらいの期間で起こった経験でした

身内と親しい友人しか妊娠・流産したことを伝えなかったので、何も知らない人からすれば、この期間もいつも通りの私で、変わったような変化も何も気づかないんだろうなぁ~と思いました

 

この初期の期間は確かに目で見える体型の変化はあまりありません

しかし、つわりや、腹痛、出血に流産など、みんなに言わないだけで、ツラくてしんどい気持ちを抱えた人もたくさんいると思います

 

友人から聞いた話ですが、初期の流産は10人に2人くらいの割合で起こるそうです

かなり多い確率だなぁ・・・と思いました

そして原因のほとんどが母親のせいではなく、赤ちゃん自体の染色体の異常なので自分を責めないようにねと言われました

 

流産を経験した友人からの励ましや、いろんな人のブログでも、数年後に赤ちゃんがお腹に戻ってきてくれた話などもたくさん読ませてもらって、顔もわからない人達からエールをもらった気持ちです

 

現在は、気持ちも身体も良い方向に戻ってきたので、GWは実家でBBQ、アンデルセン公園、だいすけお兄さんの迷作劇場など、盛りだくさんで、楽しめました!!

f:id:okotanushi:20190509174904j:plain

f:id:okotanushi:20190509174848j:plain

5月3日のアンデルセン公園は経験したことのない過去最高の混み具合!!


しっちゃかめっちゃかの自宅の掃除・片付けも出来ました

なんとなくモヤモヤした時の掃除は効果テキメンですね!!

 

そして食べたいものを美味しく食べることが出来る幸せを感じつつ・・・

あらためて、この世に自分が産まれて生きてることも、当たり前じゃなく、すごいことなんだなと気づかせてもらうきっかけになりました

 

自分に自信がなく、自己肯定感がめっちゃ低い私ですが、生きてるってそれだけでもすごいじゃん!!と思えました

f:id:okotanushi:20190509174845j:plain

今回は出会えなかったけど、またいつか会おうね☆