【フライングタイガー】子供だけのスペースを家のどこかに作ってあげたい

f:id:okotanushi:20190215144204j:plain

現在55㎡の築28年の賃貸マンションに3人で暮らしていて、間取りは3DKです

 

洋室が2つ、和室が一つ、あとは洋室と繋がっている6帖のダイニングキッチンと、風呂、トイレです

 

北側の5帖の洋室は、夫の作業部屋として使っていて、南側の6帖洋室に、テレビやソファなどを置いてリビングのように使っています

 

6帖の和室が寝室となるのですが、ダブルベッドと、夫の洋服タンス、娘の洋服ラック&引き出しなどが置かれていて、部屋干しをするときはこの和室の窓側に干しています

 

このように部屋を振りわけているので、子供だけのプライベートスペースが全く取れないのです・・・

一応、娘のオモチャを片付ける所はリビングなのですが、気づくとどの部屋にもオモチャが散乱していて、全て娘のスペースのようになっています

 

ここで、私は考えました

娘用のスペースを作ってみようかなと!

名付けて、娘の秘密基地大作戦スタートです!!

①ほら穴式秘密基地

f:id:okotanushi:20190215144250j:plain

f:id:okotanushi:20190215144245j:plain

f:id:okotanushi:20190215144233p:plain

まずは、ソファと壁のちょっとした隙間を利用してみました

使わなくなったベビー布団のマットと、クッション4つを利用したほら穴式の秘密基地

 

頭から入るとお尻側が入り口側になり、入ってしまうと身動きが取れないほどの小スペースです・・・

 

それでも娘は気に入ってくれて、ぬいぐるみを奥に押し込んで、クマの冬眠のようにそのほら穴式秘密基地でお昼寝もしたりしていました

f:id:okotanushi:20190215144253j:plain

f:id:okotanushi:20190215144302j:plain

ただ、その中で遊ぶのはやはり無理でした

②ダイニングテーブル下の秘密基地

f:id:okotanushi:20190215144315j:plain

f:id:okotanushi:20190215144317j:plain

こちらは、ネーミングそのままです

ダイニングテーブルの上から、薄い掛け布団をかけて、テントのように覆います

下にはクッション4つを並べて、頭ごっつん防止のタオルもまいて、ぬいぐるみを中に入れて完成です!!

f:id:okotanushi:20190215144319j:plain

横からは中が丸見えでしたが、娘も今回は遊べるスペースがしっかりあるのでしばらくは遊んでいました

 

しかし、このダイニングテーブルテントは、食事になると毎回撤去しないといけません・・・

 

食事の準備などで忙しい時間に、ぬいぐるみやおもちゃの片付けの手間が増えてしまいます!!(当たり前ですが・・・)

こうして、この秘密基地は数時間で撤去されました

③子供用の室内プレイテント

おしゃれインスタなどで気になっていましたが、狭い我が家なので購入をためらっていましたが結果的に購入して良かったのがこのテントです

 

フライングタイガーのプレイテント

f:id:okotanushi:20190215144333j:plain

f:id:okotanushi:20190215144335j:plain

いろんな子供用のテントをAmazonなどで探しました!!

 

ベビーサークルのようにビニールボールを中に入れられたり、お店屋さんのようになっていたり、インテリアにもオシャレなティピーテントなども可愛いな~っと

 

でも、お値段が・・・屋外レジャーで使うことはないので、お手頃でなおかつ収納時にもかさ張らないテントを探しました

 

フライングタイガーのテントはお値段が1500円から2000円ほどで、私が購入したものは円柱型の本体に、円錐型の屋根が付いているプレイテントです

 

底もあり、メッシュの小窓と、紐で縛ればロールアップ出来る入り口もありました

 

テントの柄も選べて、私が行ったときは、アイスクリーム屋さん柄が2色の色違いであるのと、ジャングルのような緑色っぽいものと、他には、カラフルなボーダーのティピーテントと、底がないお店屋さんのようなプレイテントも置いてありました☆

 

娘はアイスクリーム屋さんのブルーを即決でした☆

 

外袋と中身

テントの屋根と同じ色の袋に、黒のファスナーで開閉できるタイプ、持ち手付きでした

 

そして、テントのデザインがわかる写真と、裏側には取り扱いの説明が書かれた大きなタグが付いていました

f:id:okotanushi:20190215144348j:plain

f:id:okotanushi:20190215144349j:plain

たたまれたテント本体、テントの芯が4本、組み立て説明書が入っています

テントの芯は、なかに伸びる紐がすでに入っていて、引っ張りながらジョイント部分に差し込むだけで、簡単にテントの芯を組み立てられました

f:id:okotanushi:20190215144353j:plain

完成すると、くの字になった芯が4本出来ます

f:id:okotanushi:20190215144402j:plain

テントの本体は、広げるだけで一気に開きます!ポップアップテントっていうでしたっけ?結構勢いよく開くので、広い場所で広げましょう

f:id:okotanushi:20190215144405j:plain

サイズも広げる前より、高さも幅も2倍になります!! 

約100センチの娘がすっぽり隠れるくらい大きくなります

こちらがテントの底の部分

f:id:okotanushi:20190215144421j:plain

 

ひっくりかえすと、屋根のてっぺんがありますね

ここまで用意したらいよいよ組み立てます☆

f:id:okotanushi:20190215144423j:plain

f:id:okotanushi:20190215144433j:plain

 

テントを組み立ててみよう!!

ペタンコのテントの中に入り口から入ります

f:id:okotanushi:20190215144436j:plain

f:id:okotanushi:20190215144438j:plain

そうするとテントの底部分と、天井部分に芯を差し込む場所が4か所あるので、入り口から遠い所から差し込んでいきます

f:id:okotanushi:20190215144447j:plain

芯が倒れないように紐で縛って固定します

f:id:okotanushi:20190215144459j:plain

もう完成です!!あっという間に娘の秘密基地が完成です☆

テントの中に入ってみよう!!

f:id:okotanushi:20190215144502j:plain

OPENと書いてある入り口から入れます

紐でクルクルと丸めた入り口をとめても可愛いです

f:id:okotanushi:20190215144504j:plain

f:id:okotanushi:20190215144515j:plain

f:id:okotanushi:20190215144516j:plain

100センチの娘が、背伸びしても天井には手が届かないくらい、天井はあります

f:id:okotanushi:20190215144519j:plain

床にゴロンの寝ると、身長ピッタリでした

f:id:okotanushi:20190215144527j:plain

子供2人は余裕で、3人もギリギリ入りそうです

サイズ感

f:id:okotanushi:20190215144529j:plain

ダイニングキッチンと和室に入るためのふすま前に置くと、なかなか存在感ありますね・・・

この位置だと、和室に入りにくく、もう少し左に寄せると扉が開くときにぶつかります

以前、購入したての時は、リビングの窓際に置いていたのです

f:id:okotanushi:20190215145736j:plain

f:id:okotanushi:20190215145831j:plain

実は、エアコンがリビングにしかないので、冬の期間だけ、みんなの寝床をリビングに集約していて、ダブルベッドの分厚いマットと、夫の布団セットが6帖のこのリビングに全部あるのです・・・

現在は3人掛けソファを隣の畳の部屋に移動しました

 

この状態でテントをリビングに置いてみると、置こうと思えば置けるのですが、足の踏み場がなくなるので無理でした(笑)

 

娘は特に気にしていないようで、一人でテントの底の部分をひっぱって、テントを動かして、位置を変えて楽しんでいます

 

移動式のアイスクリーム屋さんになっているようで、「何のアイスにしますかー?」っと聞いてきて、「○○アイスくださーい」というと、だいたい「それはないでーす」って言われます・・・

 

謎なのが「大きな葉っぱと、小さな葉っぱ、どっちがいいですか?」という質問を毎回してくるのですが・・・よくわかりません(笑)

3歳児ワールド全開ですね

まとめ

フライングタイガーのテントのメリット

  • 娘だけの秘密基地(プライベートスペース)が出来た
  • いじけた時の娘の一時避難場所にもなる(笑)
  • オモチャが散乱しても、とりあえずテントに隠せる
  • 使わないときはコンパクトにたためる
  • 見た目も可愛くて、お値段も可愛い

フライングタイガーテントのデメリット

  • 狭い家では大きく感じる
  • こまめにテントの中を確認しないとすんごいことになっている
  • 屋外のレジャーでは使えない
  • おしゃれインスタ部屋のようにはならない(我が家では・・・)
  • たたむのにコツがある・・・(私が不器用なので)

我が家は当分この家で暮らしていくので、家族みんなが快適に過ごせるように、のんびり色々やっていこうと思います!!

 

昨日のバレンタインは何とか出来ました☆

f:id:okotanushi:20190215152357j:plain

f:id:okotanushi:20190215152358j:plain

f:id:okotanushi:20190215152400j:plain

 来年の2月はすでに年少さんの終わりくらいの時期・・・

お友達に作ったりするのかな~?