【ディズニー】3歳児と初TDLハロウィン

今回は比較的、混雑していない火曜日に行ってきました

 

数か月前から娘にはディズニーランド行くよ!と言ってあり、前日には

ついに明日だよー!!と伝えました。ハロウィン期間でせっかくだしと

Amazonで白雪姫の服も9月くらいに購入で準備万端

 

いざ当日の朝、外出する2時間前くらいから起きてーと声かけ

なかなか起きず結局出発予定の1時間前に強引に起こしたため

娘、ご機嫌ななめ

眠いからディズニーランド行かないー!と叫ぶ娘

 

白雪姫の服を着せて・・・髪の毛をツインテールにしたけれど

グズって動くので左右の結ぶ位置がかなりずれてしまった

 

こうして朝からすでにバタバタでした

予想はしていましたが・・・

 

電車には予定どおり乗れました

電車が遅れていたようで、車内はぎゅうぎゅう

 

9時半前にディズニーランドに到着

グリーティング中のミッキーさんを横目に見ながら

まず最初に向かったのはセンターストリート・コーヒーハウス

 

ここでは10時までに入店するとミッキーさんの形の

フレンチトーストを食べることができます

 

前はラッシュを避けるために10時を過ぎてからのディズニーランド入園だったので今回は念願のフレンチトースト!

f:id:okotanushi:20181101150524j:plain

 

大人2人名分、カフェインレスコーヒーと、娘にはホットミルクを注文です

 

娘には可愛いランチョンマット?をテーブルにひいてもらいました

 

f:id:okotanushi:20181101151303j:plain

 

遅めの朝食です

 

念願のフレンチトーストと初対面

f:id:okotanushi:20181101151324j:plain

なんとプリチー!

そしてコーンフレークとカットリンゴにヨーグルト

カフェインレスコーヒーも苦すぎず、すっぱすぎず飲みやすいです

 

娘は速攻ミニーちゃんリボンのチョコレートをパクっと

ヨーグルトもパクっと

 

腹ペコ大人2人、腹ペコ3歳児1人

かなりお腹いっぱい

 

食後はしっかりトイレタイム

 

レストランだと店内にトイレが設置されていることが多いので子連れの食事はなるべくレストランだと安心です

 

食事中にもトイレー!!といわれても親が焦らず対応できます

娘は昼のおむつは取れているのでトイレー!と教えてくれます

ただうれしい反面、おむつだった頃のほうが気持ち的に楽だった気がします

荷物はおむつの分増えますが・・・

 

おむつをしていれば服を着替えるほどおもらしすることはないという安心感

3歳児はまだ油断をすると危険です

 

娘も午後のお昼寝タイムの前に行ったトイレで

夜用のおむつパットを装着しました

このひと手間が本当に大事

 

トイレを探すにはスマホのディスニーアプリの地図も便利です

現在地を青い●丸で教えてくれます

それでも極度の方向音痴の私は迷いますが

 

他にはアプリでショーの抽選も出来ます

今回は全部外れてしまいましたが、チケットを持って

抽選会場に行かなくてもよくなったことは画期的ですね

 

美味しいフレンチトーストでお腹いっぱいのあとはハロウィンのショーへ

 

白雪姫の服なので、白雪姫のフォトスッポトで記念写真

シンデレラ城はこの位置からもきれいに見えるんですね

f:id:okotanushi:20181101151340j:plain

 

写真を撮っていると、白雪姫の歌声が・・・

そばにある井戸からも反響しながら音が聞こえてきました

f:id:okotanushi:20181101163007j:plain

 

ハロウィンのショーはこの泉の近くから少し歩いた場所で見ました

 

キャストのお兄さんに、まだ座って見られますよーと教えてもらった場所は

ショーの最中にチップとデールが乗ったフロートが停止する場所だったようで

しっかり座って楽しむことができました

 

ショーを座って見られるとは思っていなかったので、レジャーシートはなく

床に直座りでしたが、そこまで寒い日ではなかったので大丈夫でした

 

夏や冬の時期は地面が熱かったり、冷えていたりする中で

ショーの45分間、その場に座るのは厳しいかもしれないです

座って見たい方はやはりレジャーシートがあると便利ですね

 

ショーも不気味で可愛くて最高でした

一瞬、しーーーーーーーーーーんってなるところすごいですね

 

たまたま空を飛んでいたカラスのカーカーカーの声しか聞こえない瞬間

 

あの一体感、3歳児の娘も空気読んで止まってました

 

この時点で11時過ぎ

 

まだ全然書ききれない

 

続きはまた後日です